ぷちリチュアルな日々

ちっちゃなスピリチュアルをむっちゃ楽しんでます☆

卵子は老化する?!

こんにちは、麻夢です♪

金曜日のテーマは「不妊治療」です。

同じテーマの記事を連続して読みたい方は、カテゴリーをクリックしてくださいね。

f:id:mamu-petit:20210716165731j:plain

"卵子の老化" って言葉、初めて聞いたときは驚きました。だって、卵子って新しいのが毎月1個できて排卵してるんでしょ?って思ってたから、全く理解不能でした。

衝撃1 … 卵子の年齢=母体の実年齢!

卵巣にはたくさんの卵胞(卵子を育てる袋)があります。この卵胞の育つ前の姿を原子卵胞といって、女性は生まれたときに約200万個持っているそうです。これがMAXの保有量! その後は成長とともに減っていき、思春期ごろには約30万個、30代で約3万個、無くなったら閉経…だそうです。

つまり、一生の卵子の数は、生まれたとき既に決まっているのです。そして卵子は、できたてほやほやが排卵されているわけではなく、生まれたときから一緒に生きてきた "同い年細胞" なのです。

衝撃2 … 卵子を若返らせる方法はない!

残念なことに、卵子の年齢は、見た目年齢のように努力次第で若く…なんて都合良くはいかないようです。

例えばお肌の細胞だったら、新しい細胞がどんどん生まれて、古い細胞はターンオーバーで剥がれ落ちて…って生まれ変わりを繰り返しているので、若返りとかも期待できると思いますが、原子卵胞は生まれ変わりません。同い年のご長寿細胞です。卵子の年齢は、どうしても実年齢なのです。

実年齢が高齢だと何が不都合なのか、それは "機能の衰え" です。せっかく受精・着床しても、染色体異常で流産する割合は、どうしても高齢の方が高いです。

原子卵胞は、その成長を途中で止めて、卵巣で待機しています。

その卵子を若返らせることはできません。採卵で "質の良い卵子" と判断されても、母体と同い年の卵子であることに変わりないし、染色体異常なんて細胞レベルのお話は採卵の段階ではわかりません。

でも逆に、若い卵子でも、質が悪ければ妊娠できません。妊娠には "質の良い卵子" が必要です。

染色体異常は自分でも、お医者さんでも、防ぐことも治すこともできません。でも、卵子の質を良くすることは、自分でできます! 添加物の少ない健康な食事や、ストレスを減らすなど、質の良い卵子が育つための "心と身体の環境" を整えましょう。

同い年でも染色体が正常な、妊娠パワーを秘めた卵子が育つときのために、できることはやっておきましょう♡

 

広告