ぷちリチュアルな日々

ちっちゃなスピリチュアルをむっちゃ楽しんでます☆

麻夢の不思議体験 - 22

こんにちは、麻夢です♪

今日は火曜日「麻夢の不思議体験」です。

同じテーマの記事を連続して読みたい方は、カテゴリーをクリックしてくださいね。

f:id:mamu-petit:20210810220329j:plain

もうすぐお盆ですね。

お盆は故人が帰ってくると言いますが、今年もコロナ騒ぎで、子孫たちの里帰りは思うようにいかず… ご先祖様方も、辛抱ってことになるのでしょうか?

12年前、父方の祖母が亡くなりました。

朝、寝坊助の私が、珍しくパッチリと目が覚めました。すると目の前に、祖母がニコニコしながらフワフワ浮いていました。その周りに数名、付き添いの人もいました。

祖母は90歳を超えていたし、癌も進行していたので、すぐに「あぁ、亡くなったんだ」とわかりました。

悲しくてブワッと涙が溢れましたが、不思議と、祖母はなんだかとても幸せそう… ニコニコしながら私を見下ろして、隣でまだ眠っている旦那くんを優しい笑顔で見て、もう一度私の方を見て、今度は後ろを見ました。

祖母の後ろの少し離れたところに、もうずっと前に亡くなった祖父がいました。そして祖母はすごく嬉しそうに、もう一度私の方を見ました。

天寿を全うして、やっと祖父に会えたことをとても喜んでいるんだと思いました。しかもその日は、祖父母の結婚記念日です。

亡くなったのにちょっと変だけど「おばあちゃん、よかったね (^^)」と思いました。

祖母には、孫は私しかいませんでした。とっても可愛がってくれました。

実は亡くなる数日前、私たちは入籍しました。祖母に報告に行きたかったけど「いま具合が悪くて朦朧としているから」と父母に言われ、報告できていませんでした。

祖母はきっと、私へのお別れの挨拶と、旦那くんに会いに、それと、祖父に会えた喜びを伝えに来てくれたんだと思います。

そしてみんなで、すぅーっと高く高く上がっていきました。

そのあと、母が泣きながら「おばあちゃんが亡くなったよ」と電話してきました。

私は「知ってる…」と答えました。

 

 

広告