ぷちリチュアルな日々

ちっちゃなスピリチュアルをむっちゃ楽しんでます☆

麻夢の不思議体験 - 20

こんにちは、麻夢です♪

今日は火曜日「麻夢の不思議体験」です。

同じテーマの記事を連続して読みたい方は、カテゴリーをクリックしてくださいね。

f:id:mamu-petit:20210507121511j:plain

5年程前のお話です。旅行先で泊まった部屋はよくある和室でしたが、旦那くんと二人で泊まるにはちょうどいい広さで、夕食後、とてもリラックスしてゴロゴロしていました。

人の気配がして入口の方を振り向くと、知らないおじさんがいました。部屋間違ってるよ~と言おうとしたところ「いやぁすみませんねぇ」みたいな表情をしてペコペコしながら部屋に入ってきました。

ペコペコおじさんはそのまま、部屋を真っ直ぐ突っ切って、窓の方へ… あれ?どこ行った?

すると次のおじさんが入ってきて「人がいるんだ…」みたいな感じでこっちをチラ見して、やっぱり部屋を真っ直ぐ突っ切って、窓の方へ… 消えた?

そして次のおばさんが… とにかく、入口は閉まったままなのに、知らない人がどんどん入ってきて、部屋を突っ切って、いなくなります。

窓の外は、川です。これってもしかして、通り道?!

旦那くんはというと、特に変わった様子もないので、まぁ害はないのだろうと思って、黙って布団の位置をずらして通り道から少しだけ離れました。

こういうの、私より旦那くんの方が敏感です。私は見えたときしか気付かないし、大丈夫とか悪いとかわからないのですが、旦那くんは(本人は自覚がないようですが)感覚的にキャッチします。

なので、旦那くんが「ここ暗い」とか「いやだ」とか言うときは、私は感覚を遮断して速やかに離れるようにしています。

今回、特にそういう反応がなかったので、大丈夫だろうと気にしないようにして、旦那くんにも(怖がらせたらかわいそうなので)何も言いませんでした。

夜、ちょっと買い出しに出掛けました。その帰り道、例の川にかかる橋を渡っている途中、旦那くんがとうとう言いました。「なんかいやだ…」

ひゃぁぁぁ!やっぱたくさん集まってるんだ (T T) 二人でむっちゃ速足で渡って、部屋に帰りました。

部屋は、相変わらずどんどん人が通り抜けていましたが、特に何の害もなく、無事に朝を迎えました☆

あれが霊道ってヤツなのか? 通る人多すぎでしょ (T T)

とても良いお宿だったけど、ちょっともう泊まれないかも (><)

 

広告